鉄筋・基礎工事

01

お問い合わせ

メールもしくはお電話でお問い合わせください。
お客様のご都合に合わせて、ご相談、お見積もりをさせていただきます。
01

加工帳、施工図作成

まずは現場作業を行なうための加工帳、施工図を作るところからスタートです。建築関係者が仕様や材料、加工形状等をすぐに把握できるよう、分かりやすさを意識しつつ作成します。
02

鉄筋加工

作業内容に応じて、鉄筋を適切な長さに切断したり、曲げたりといった加工を行ないます。事前に作成された加工帳を見ながら、正確・精密な加工を行なう必要があります。
03

配筋、段取り

施工図をもとに鉄筋を取り付けていく作業です。熟練の職人が施工図をチェックし、作業の段取りや配筋の指示を行ないます。
04

嵌合(かんごう)

鉄筋の配筋および組み立てにおいて鉄筋を繋げる作業です。この嵌合の品質が建築物の強度を大きく左右しますので、迅速さはもちろん丁寧さと確実さが求められます。
05

結束

鉄筋を見栄え良く、水平垂直並行をきれいにまとめて結束する作業です。結束が終われば取り付け完了となります。
06

自主検査

鉄筋は最終的には見えなくなる部分ですが、建築物の強度を支える重要な工事です。わずかな不具合も見逃さぬよう、徹底的に厳しい検査を実施します。
項目を追加
01

お問い合わせ

メールもしくはお電話でお問い合わせください。
お客様のご都合に合わせて、ご相談、お見積もりをさせていただきます。
01

地業作業

基礎の形状に合わせて、建築を行なう敷地に穴を掘っていきます。この部分が正確でなくては、決して良い基礎はできません。
02

割栗敷き

基礎が設置される箇所に、石や砂利を敷いて固めていきます。細かい部分は手で均すなど、丁寧さがものをいう作業です。
03

目潰し

砂利を敷く作業です。割栗を敷いた後の状態では、目が粗くコンクリートが流れ出てしまうため、隙間を埋めていきます。
04

防湿シート敷き、捨てコン打設

防湿シートを敷いてから、捨てコンクリートの打設を行ないます。同時に給排水管などの取り出し作業も実施いたします。
05

隅だし(墨だし)

捨てコンクリートが固まったら、鉄筋の配筋を行なったり基礎の立ち上がり部分を把握するための墨だしを行ないます。
06

配筋

基礎のベースとなる部分から順番に、鉄筋を配筋していきます。基礎の形状に合わせて確実な作業をしなくてはなりません。
07

基礎ベースコンクリート打設

配筋が終了した後は基礎のベース部分に型枠を組み、型枠の中へコンクリートを流し込む作業を行なっていきます。
08

基礎ベース部分型枠外し

コンクリートがある程度固まってきたら型枠を取り外します。コンクリートを打設してから数日経過しなくてはなりません。
09

基礎立ち上がり部分型枠組

ベースの型枠を外したら、基礎立ち上がり部分に型枠を組み上げます。1~2日程度かけて、慎重・丁寧に作業を行ないます。
10

基礎立ち上がり部分高さ合わせ

基礎立ち上がり部分の高さを合わせていく作業です。ここではだいたいの高さを合わせておき、後に正確な調整を行います。
11

基礎立ち上がり部分コンクリート打設

型枠の中にコンクリートを流し込んでいきます。振動機を使用して、まんべんなく全体にコンクリートを行き渡らせます。
12

基礎天端均し(テンバナラシ)

数日間経過して、コンクリートが固まったら型枠を外します。その後、立ち上がり部分の頭(天端)を平らに均していきます。
項目を追加