会社紹介

03.組織
__

プロッフェショナル集団による施工
湾岸を埋め立て土地を広げるあのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。

理念
___

0から1を造る最初の工程だからこそ
鉄筋・基礎工事の仕事は単に鉄筋を組み立てるだけではありません。
切断や曲げ加工、鉄筋の取り付け、繋げ、結束を正確・精密に施します。
建物や人々の安全を左右する重要な工程と考えています。
この事を常に想い、日々精進しながら責任と誇りを胸に確かな仕事を続けていきます。

職場環境
___

明るく和やかな雰囲気の職場環境が自慢です!
K鉃工業は明るく楽しい、和やかな雰囲気の職場環境が自慢です。人間関係のトラブルや必要以上の上下関係は弊社にはありません。のびのびと働きながら自分を磨ける会社です。

人の繋がりの「輪」
___

人の繋がりを大切に日々の業務に臨みます!
弊社は人と人との繋がりの輪を重要視します。1つ1つの出会いを大切にすることで、なにかを生み出したり仕事につなげたりできるよう心掛けながら、日々の業務に臨んでいます。

ビジョン
___

あらゆるニーズにお応えする会社を目指して
お客様のどのようなご要望にもお応えできる会社を目指します。
サービス品質向上への取り組みには、決して力を抜きません。
項目を追加

1日の流れ

K鉃工業の1日はこのように進んでいきます
わたしたちが毎日の業務をどのようにこなしているか、その流れをご紹介いたします。
通常例となりますが、ぜひご参考になさってください。
01
AM 9:30
担当する現場へ移動
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
事務所
出社
朝は一旦事務所に集合して、その日の作業準備を行ないます。
必要な資材や道具をチェックしながら、確実に車に積み込んでいきます。
02
事務所→現場
移動
みんなで揃ってその日の現場へと移動します。
移動中は談笑したり作業内容を確認したりしています。
03
現場
朝礼
現場へと到着したら朝礼を行ない、作業内容や段取りの再確認です。
作業開始後は安全確認を忘れず、丁寧・確実・慎重な作業を常に心掛けます。
04
現場
休憩(30分)
適度な休憩を挟むことが、作業効率を高めるためのコツです。
休憩時間は必ず休んで、気持ちと体をしっかりとリセットしましょう。
05
現場
昼休憩
お昼はお弁当を食べたり、現場周辺の飲食店を利用したりします。
午後からの作業に備えて、食事でエネルギーを補充しておいてください。
06
現場
休憩(30分)
午後も午前中と同様に、30分ほどの小休憩を挟みます。
体を休めることはもちろん、水分補給も忘れず行なってください。
07
現場
片付け
作業終了の時間に合わせて、現場の片付けや清掃を実施します。
朝よりもきれいな状態で、現場を後にするよう心掛けましょう。
08
現場 or 事務所
終業
事務所に戻ったら日報をつけたり明日の確認・準備をしたりします。
すべての作業が終われば解散です。本日も1日お疲れさまでした。
項目を追加